痩せたいのに痩せられない…。そんな悩みを抱えた人の痩せ方がここにあります。

もっと具体的にダイエットをしたい自分を作る方法

ダイエットはできればやりたくない

ダイエットをすることなく痩せていていきたい

 

多くの人がこうした考え方に縛られてダイエットに失敗しています。

 

目標体重を設定して頑張っても2,3キロ痩せたところで自分に言い訳をしてこれでいいとしてダイエットから離れてしまいます。

 

そして、また元の生活に戻ってしまい元通りの体重になってしまう。こうした事を繰り返してしまうのです。

 

この一連のダイエットの失敗の理由は、ダイエットをしたくない。辛いダイエットなんてしないで簡単に痩せたい。こうした考え方から始まっているわけです。

 

そうではなくて、自分自らダイエットがしたい!という思いでダイエットをすることができなければダイエットを続けていくことはできません。

 

楽しめないからどうしようもない!というのは少し違います。

 

単純に自分の楽しさを結びつけることができていないだけなんですよ。

 

自分にとって嬉しいこと、喜びに感じることと結び付けていくことができれば、ここに大きな意味を感じれるようになって、続けていけるようになるというわけです。

 

あーー、今日ダイエットするのは面倒だ。乗り気がしない。でも、これは自分がキレイになるためにしていることだからやりたい!というようになってくるようになります。

 

前回の記事でも説明しているように、人は自分が思っている以上に単純にできています。

 

そして自分の価値観は自分の意識よりも奥の部分にあるものなので、キレイになれるということがしっかりとイメージとして作られているなら単純にキレイになるためならやれる!という考えになってくるようになるわけです。

 

ココのダイエットをすることに対しての意味を実感するためには、しっかりとイメージを作っていかなければなりません。

 

例えば代表的なところで、スポーツジムに通うというダイエット方法を選んだとしましょう。

 

ただジムに行かされているという意識では毎回足を運ぶことが面倒で仕方がなくなることでしょう。

 

またお金を支払っているから行かなくてはならないなどという悪い考え方も生まれてくるようになってしまいます。

 

そうではなくて、運動をして汗をかくことで、基礎代謝が増えて痩せやすい体が作られている。

 

体重がしっかりと1キロ、2キロと減っていっている。何より自分自身の肌がキレイになって美しくなっている。ココを強くイメージ付けていくわけです。

 

痩せてキレイになることが自分にとって大きな価値を感じることができるなら、ダイエットを続けていくことに苦痛を感じなくなってくるわけです。

 

  • あなたにとって絶対になりたい自分は何ですか?
  • あなたにとって最も価値の高いことは何ですか?
  • いくらお金を払っても手に入れたいことは何ですか?

 

ここを突き詰めていくと自分にとってダイエットをすることの意味を感じれるようになります。